ピクスタ+(プラス)| ピクスタの見えないトコまで知るメディア

ピクスタ株式会社の公式note「ピクスタ+」編集部です。「才能をつなぎ、世界をポジティ…

ピクスタ+(プラス)| ピクスタの見えないトコまで知るメディア

ピクスタ株式会社の公式note「ピクスタ+」編集部です。「才能をつなぎ、世界をポジティブにする」をミッションに、才能を活かす機会を提供するピクスタの中のコトをお届けしています。

リンク

マガジン

カルチャーを知る

ピクスタの社風、文化、働き方、価値観に関する記事をまとめたマガジンです。

くわしく見る

データで徹底解説! メンバー目線のリアルなピクスタとは?

 気になる会社があったら、一緒に働く仲間がどんな人たちなのか、実際に働いたらどうなのか気になりますよね。 「職場の雰囲気って実際どう?」 「ピクスタで働いている人はどんな人?」 「どんなタイプの人が多いのか知りたい!」 「働いているメンバーから見た会社の魅力って?」  などなど、本当は色々根掘り葉掘り聞きたいはず。でも、面談や面接では少し聞きにくいこともあります。そこで今回は、ピクスタのリアルを可視化するべく働くメンバーにアンケートを実施しました。題して「データで見るピク

スキ
7

timesの何気ない発言から始まった~AI時代の新検索支援「PIXTA検索アシスタント」誕生背景〜

リモートワークだとイノベーティブなことは起きなさそう… スピーティーな意思決定や開発ができるのは創業間もないスタートアップぐらいだよね。そんな思い込みはありませんか? ピクスタでは、たったひとりの「独り言」から翌週には海外出張が決まって、その翌週には海外に飛んで機能開発してきた、なんて事が起きています。今回はプロダクト企画部の河添※2の何気ないtimes※1の発言が発端となり、OpenAI APIと連携したユーザーの求めるイメージの具体化を支援する「PIXTA検索アシスタン

スキ
30

2024年は学びの年に!ピクスタ社員に聞いたおすすめのスキルアップ方法とは?

 2024年がスタートして早1ヶ月。年初めには、「今年はこんなスキルアップがしたい!」「こんなことを学ぼう!」と、セルフバージョンアップを誓って目標を掲げた方も多いのではないでしょうか。  進捗はいかがでしょう? 順調に進んでいますか?  目標設定をしたものの、もしかしたら、まだ行動に移せていないという方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな読者の皆さんに、ピクスタメンバーのおすすめスキルアップ方法を大公開!  ピクスタには理念・ビジョンの達成のためのWAY(行動指針)

スキ
12

「事業課題を解決するエンジニア集団」を目指すCTOの思いとキャリア

 2007年8月、当時まだ10名程度の組織だったピクスタ株式会社に、エンジニアとして入社した、小張亮。現在はベトナムに住み、ピクスタ株式会社のCTOとPIXA VIETNAMの代表を兼任しています。今回はそんな小張に入社までの経緯やキャリア、ピクスタの開発組織の展望について話を聞きました。 ■一度は断った入社、二度目の誘いでピクスタに入った理由──ピクスタとの出会いを教えてください。  学生時代、インターンをしていた会社で古俣さん(代表取締役)と出会ったのがきっかけです。

スキ
13

ピクスタのエンジニア

ピクスタで働くエンジニアたちを紹介しています。

くわしく見る

プロダクトの未来を支える力:技術基盤グループリーダーの挑戦と魅力

 再成長を誓い、変革の時を向かえているピクスタ。  表舞台には立たずとも、事業成長の裏には、プロダクトの未来をつくり、支える人たちがいます。それが「技術基盤グループ」。  AI時代を迎えて進化が問われる今、ピクスタの技術基盤グループを率いるリーダー・伊藤に話を聞きました。 技術基盤グループのミッションは「問題解決」――ピクスタ技術基盤グループのミッションを教えてください。  大きく分けて2つあります。  ひとつは、プロダクトをスケール化させるにあたって必要なソフトウェアや

スキ
6

アウトカム志向の開発グループへ! PIXTA開発リーダーが描くビジョンとは

 2021年にWebエンジニアとして入社した吉田 聡。PIXTA開発グループのリーダーとしてアウトプット(生産量)ではなく、アウトカム(業績や社会に与える影響)を最大化するミッションに取り組んでいます。今回は吉田がピクスタに入社した理由やピクスタでエンジニアをする魅力、PIXTA開発グループの現在と未来について詳しく聞きました。 ピクスタを選んだ理由と入社後のギャップ──数ある企業の中で何故ピクスタに入社したか教えてください  もともと、写真を撮るのが好きだったこともあっ

スキ
15

timesの何気ない発言から始まった~AI時代の新検索支援「PIXTA検索アシスタント」誕生背景〜

リモートワークだとイノベーティブなことは起きなさそう… スピーティーな意思決定や開発ができるのは創業間もないスタートアップぐらいだよね。そんな思い込みはありませんか? ピクスタでは、たったひとりの「独り言」から翌週には海外出張が決まって、その翌週には海外に飛んで機能開発してきた、なんて事が起きています。今回はプロダクト企画部の河添※2の何気ないtimes※1の発言が発端となり、OpenAI APIと連携したユーザーの求めるイメージの具体化を支援する「PIXTA検索アシスタン

スキ
30

「事業課題を解決するエンジニア集団」を目指すCTOの思いとキャリア

 2007年8月、当時まだ10名程度の組織だったピクスタ株式会社に、エンジニアとして入社した、小張亮。現在はベトナムに住み、ピクスタ株式会社のCTOとPIXA VIETNAMの代表を兼任しています。今回はそんな小張に入社までの経緯やキャリア、ピクスタの開発組織の展望について話を聞きました。 ■一度は断った入社、二度目の誘いでピクスタに入った理由──ピクスタとの出会いを教えてください。  学生時代、インターンをしていた会社で古俣さん(代表取締役)と出会ったのがきっかけです。

スキ
13

ピクスタのコーポレートの人々

企業の経営基盤を支えるコーポレート業務に携わる社員のインタビュー記事をまとめたマガジンです。

くわしく見る

自らキャリアをつくるということ〜3度のジョブチェンジで得た答え〜

 2013年にWebデザイナーとして入社し、その後、Webマーケター、Webディレクターを経て、人事へとジョブチェンジをした、櫻田すみれ。  会社のあらゆる局面を乗り越え、今、人事総務部でカルチャー形成に取り組む櫻田に「キャリアの作り方」を聞きました。 絶対失敗できないプレッシャー!チャレンジの連続だったマーケター時代 ーーWebデザイナーとしてキャリアをスタートしてピクスタに入社した翌年、Webマーケターにジョブチェンジされていますが、経緯を教えてください。  当時の

スキ
14

組織を立て直す! 学習する組織への変革を担う新・人事総務部長の挑戦

 ピクスタの「組織戦略の立て直し」をミッションに、2022年9月に人事総務部長として入社した竹内。ピクスタの屋台骨を再構築する重要かつ重大な課題に、どう立ち向かうのか。  竹内のこれまでのキャリアとピクスタとの出会いを振り返りながら、ピクスタ組織の現在地と、これからの展望を聞きました。 ボトムアップ文化で自律自走がピクスタの魅力。一方の課題とは? ――入社して約9ヶ月ですが、竹内さんからみて、ピクスタはどのような組織に見えていますか?  最も特徴的なのは「ボトムアップ文化

スキ
5

変化し続けることに前向きでありたい 〜ピクスタ経理部が変化に柔軟な理由〜

 情勢が目まぐるしく変化する昨今、デジタルによる業務変革を強いられた企業も多いのではないでしょうか。  ピクスタも新型コロナウイルス流行後、出社前提だった様々な業務をリモートで実現するため、柔軟に変化・適応してきました。  その中でも今回は、特にリモート化のハードルが高いと言われる経理の取り組みをご紹介します。経理財務部の部長である藤田に話を聞きました。 ピクスタの経理財務部とは── まずは簡単に、経理財務部の業務内容・体制を教えて下さい。  経理部の業務範囲は会社によ

広報に大事なことは愛だと思う〜俯瞰と冷静さの根底にある想い〜

 はじめまして……と書き出すべきか、「ピクスタ+」の記事を散々書き散らかしているので「はじめまして」もおかしな挨拶ですが、ピクスタグループの広報を担当する小林です。  そういえば自己紹介的な記事もないので、自己紹介がてら、ピクスタの広報について、これまで何を考え、どう歩んできたか、そしてこれからについてどう考えているのか、紹介します。  ピクスタの広報って……? と興味を持ってくださった方の参考になれば幸いです。 まずは自己紹介:本気かよ?って思いながら入社したら恋をし

PIXTA事業部の話

画像・動画・音楽素材を販売するマーケットプレイス「PIXTA」や、PIXTAの素材を人物・物体検知や顔認証等のAI開発の教師データとして提供する「PIXTA機械学習用データセット&アノテーションサービス」のこと、それに携わるメンバーをまとめたマガジンです。

くわしく見る

timesの何気ない発言から始まった~AI時代の新検索支援「PIXTA検索アシスタント」誕生背景〜

リモートワークだとイノベーティブなことは起きなさそう… スピーティーな意思決定や開発ができるのは創業間もないスタートアップぐらいだよね。そんな思い込みはありませんか? ピクスタでは、たったひとりの「独り言」から翌週には海外出張が決まって、その翌週には海外に飛んで機能開発してきた、なんて事が起きています。今回はプロダクト企画部の河添※2の何気ないtimes※1の発言が発端となり、OpenAI APIと連携したユーザーの求めるイメージの具体化を支援する「PIXTA検索アシスタン

スキ
30

PIXTAが機械学習?アノテーション?を徹底解説!

「機械学習用画像・動画データ提供」の専用noteはじめました。「ピクスタの◯◯です」と企業の方々と名刺交換すると、ありがたいことに「ああ、写真の! うちでも使ってます〜」と、多々言ってもらえて嬉しい限りです。  Webサイトや広告や資料に挿入するイメージカットに使っていただくことも多いので、デザイナーさんはもちろん、マーケターさんや営業さん、広報さんなどを中心に、おかげさまで「写真の会社」「画像素材の会社」として認識されております。(ご利用ありがとうございます!)  その

スキ
4

【社員インタビュー】デザイナー業からプロマネまで 自ら業務の幅を広げ活躍する若手社員に聞いてみた

 ピクスタはこれまで、いわゆる新卒一括採用は行っていませんが、学生インターンとしてピクスタにジョインし、そのまま正社員入社するメンバーも何名かいます。今回インタビューしたデザイナーの河添もその一人。  今や、いちデザイナーとしての業務に留まらず、プロジェクトマネージャーとしても活躍する河添に、ピクスタへ入社した理由や現在の仕事内容、今後の展望などを聞きました。 インターンから正社員へ ーー河添さんは2016年、大学3年生の時にインターン生としてピクスタに入社しました。当時イ

消費増税の複雑な制度をポップにイメージさせるPIXTA素材!~with LIFE かながわ 編~

 PIXTAで素材が購入されると、クリエイターさんに「あなたのこの作品が売れました!」というメールが届きます(受信可にしている方のみ)。  でも、購入された作品が実際に、どんな風に活用されたのかはわかりません(※注1)。  ここでは、そんな偶然の出会いや、ありがたくも購入者様からご連絡をいただいて判明したPIXTA素材の活用事例をご紹介します!(※注2) 全国共済の潜在層に訴求する健康情報誌 今回紹介するのは、全国共済神奈川県生活協同組合(全国共済)の健康情報誌「wit

ピクスタのマーケターたち

マーケティングに携わる社員のインタビュー記事をまとめたマガジンです。

くわしく見る

【fotowa】Webマーケター(広告運用)の仕事とは?

 こんにちは、ピクスタマーケティング部の井上です。大学時代にwebサービスを運営する会社でインターンをする中でwebサービスや広告に興味を持ち、卒業後web広告の代理店に新卒入社し営業を経験。その後事業会社のマーケターを目指し、中途採用でピクスタへ入社しました。現在は出張撮影サービスの「fotowa(フォトワ)」の広告運用とSNS運用を担当しています。  今回は広告運用のお仕事について詳しくお話します。 広告担当の仕事 fotowaでは主に運用型広告を出稿しているのですが

スキ
1

事業成長のマーケティングを。総力戦でピクスタを切り開く。

 事業の成長はマーケターの存在抜きには語れません。2015年からWebマーケティングに携わり、現在マーケティング部・部長を務める髙木に、課題や展望を聞きました。 手を挙げたところから始まったキャリアーーWebマーケティングにはどんな経緯で携わり始めたんですか。  ピクスタに入る前は、SNSを使った採用コンサルティングをしているスタートアップで働いていました。営業を通して受注する、労働集約的なビジネスモデルでした。短期的には売上が上がりますが長続きしづらい。インターネットの

ピクスタのSEO担当は何をやっているのか?

 どうも、ピクスタマーケティング部の萩野です。将来自分のWebサービスをつくることを目標に、大学4年次を休学してピクスタでインターンとして2年間、営業チームで経験を積んだ後、新しいプロジェクトの立ち上げを行い、そのまま新卒としてピクスタへ入社(インタビューはこちら)。今はマーケティング部で、すべてのサービスのSEO周りを統括しています。 SEO担当の仕事 僕の仕事は、一言でいうと「各サイトのSEO施策の推進」です。検索流入を増やす戦略を考え、SEO施策を実行し、効果検証(デ

【社員インタビュー】コマタアワード「チャレンジ賞」を受賞した広告・SNS担当を直撃!

 ピクスタで3ヶ月に一度行われている、社内表彰制度「コマタアワード」。  チャレンジ賞、縁の下の力持ち賞、ユーザー価値向上賞、よりよい組織文化づくり賞の4部門の中で、2018年2Qの「チャレンジ賞」を受賞した井上さんにお話を伺いました。 ノウハウを他部署ともシェアするためにーー2018年2Q(4月〜7月)のコマタアワード「チャレンジ賞」受賞おめでとうございます。まずは、コマタコメントを紹介します。 ーー受賞の感想をお願いします!  一言でいうとめちゃくちゃ嬉しいです。実