ピクスタ+(プラス)| ピクスタの見えないトコまで知るメディア

ピクスタ株式会社の公式note「ピクスタ+」編集部です。「才能をつなぎ、世界をポジティ…

ピクスタ+(プラス)| ピクスタの見えないトコまで知るメディア

ピクスタ株式会社の公式note「ピクスタ+」編集部です。「才能をつなぎ、世界をポジティブにする」をミッションに、才能を活かす機会を提供するピクスタの中のコトをお届けしています。

リンク

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

2024年を再成長の年へ!

 2005年に創業し、ストックフォトビジネスにイノベーションを起こしたピクスタ。  老舗、と呼ばれるようになってきた当社ですが、時代の変化と共に進化を続けています。  来年は20周年。挑戦を続けるピクスタの代表・古俣が2023年の振り返りと2024年の方針を語ります。 2023年を振り返って 2023年は、世の中的には実質コロナ禍から解放された年だと言っていいと思います。イベントや外食も復活してきたし、インバウンドも新たに盛り上がりを見せています。  そんな中で当社の20

    • 入社して3か月のWebエンジニアに聞いた!ピクスタに入社した理由と入社後の気づき

       初めまして! ピクスタでWebエンジニアをしている浦田です。  4社でのWebエンジニアを経て、2024年3月1日にピクスタへジョインしました!入社3ヶ月目になりましたので、入社した理由や入社後に感じたことなどをまとめてみました。 私について転職活動をする際に大事にしていたこと 私が転職活動で大事にしていたことは3点ほどあります。 人を幸せにできる事業・プロダクトか 事業・サービスに対して共感ができるか 地方から働けるか 始めに「人を幸せにできる事業・プロダクトか

      • 18歳になったPIXTA!進化しまくりの検索機能をご紹介

         PIXTAが誕生したのは2006年5月31日。ちょうど18年前です。  人間に例えるなら、18歳。もう立派な成年ですね。  誕生当時のプレスリリースをみると、  と、紹介していました。  今はプロ・アマチュア問わず、写真、イラスト、CG、動画、音楽まで幅広いクリエイティブを扱うようになりました。  クリエイターからお預かりしている作品数も今や9千万点を超え、もうすぐ1億点になろうかという点数です。  そんなにたくさんあったら探すのが大変!!!  そうでしょう(笑)。

        • 「ルール」だけでは育休はとれない~希望者全員が育休取得できる大事な要素とは~

           東京都の調査によると、男性の育休取得率(令和5年度)は38.9%に増加。男性の育児休暇の取得も、だいぶ浸透してきました。一方で、SNSでは子育て世帯をサポートする社員の負担も話題に。  産休・育休の取得を単純に促進するだけでは、ひずみが生まれてしまうのかもしれません。  ピクスタは男女問わず、育休取得希望者の全員が育休を取得している企業です。  それを可能にしている理由は何なのか。  今回、プロダクトマネージャーという立場で、4ヶ月の育休を取得した宮前に、育休取得の経験を含

        • 固定された記事

        マガジン

        • ピクスタのエンジニア
          10本
        • みんなのリモートワーク
          19本
        • PIXTA事業部の話
          32本
        • カルチャーを知る
          56本
        • 子育てしながら働く
          6本
        • ピクスタのコーポレートの人々
          10本

        記事

          データで徹底解説! メンバー目線のリアルなピクスタとは?

           気になる会社があったら、一緒に働く仲間がどんな人たちなのか、実際に働いたらどうなのか気になりますよね。 「職場の雰囲気って実際どう?」 「ピクスタで働いている人はどんな人?」 「どんなタイプの人が多いのか知りたい!」 「働いているメンバーから見た会社の魅力って?」  などなど、本当は色々根掘り葉掘り聞きたいはず。でも、面談や面接では少し聞きにくいこともあります。そこで今回は、ピクスタのリアルを可視化するべく働くメンバーにアンケートを実施しました。題して「データで見るピク

          データで徹底解説! メンバー目線のリアルなピクスタとは?

          プロダクトの未来を支える力:技術基盤グループリーダーの挑戦と魅力

           再成長を誓い、変革の時を向かえているピクスタ。  表舞台には立たずとも、事業成長の裏には、プロダクトの未来をつくり、支える人たちがいます。それが「技術基盤グループ」。  AI時代を迎えて進化が問われる今、ピクスタの技術基盤グループを率いるリーダー・伊藤に話を聞きました。 技術基盤グループのミッションは「問題解決」――ピクスタ技術基盤グループのミッションを教えてください。  大きく分けて2つあります。  ひとつは、プロダクトをスケール化させるにあたって必要なソフトウェアや

          プロダクトの未来を支える力:技術基盤グループリーダーの挑戦と魅力

          自らキャリアをつくるということ〜3度のジョブチェンジで得た答え〜

           2013年にWebデザイナーとして入社し、その後、Webマーケター、Webディレクターを経て、人事へとジョブチェンジをした、櫻田すみれ。  会社のあらゆる局面を乗り越え、今、人事総務部でカルチャー形成に取り組む櫻田に「キャリアの作り方」を聞きました。 絶対失敗できないプレッシャー!チャレンジの連続だったマーケター時代 ーーWebデザイナーとしてキャリアをスタートしてピクスタに入社した翌年、Webマーケターにジョブチェンジされていますが、経緯を教えてください。  当時の

          自らキャリアをつくるということ〜3度のジョブチェンジで得た答え〜

          アウトカム志向の開発グループへ! PIXTA開発リーダーが描くビジョンとは

           2021年にWebエンジニアとして入社した吉田 聡。PIXTA開発グループのリーダーとしてアウトプット(生産量)ではなく、アウトカム(業績や社会に与える影響)を最大化するミッションに取り組んでいます。今回は吉田がピクスタに入社した理由やピクスタでエンジニアをする魅力、PIXTA開発グループの現在と未来について詳しく聞きました。 ピクスタを選んだ理由と入社後のギャップ──数ある企業の中で何故ピクスタに入社したか教えてください  もともと、写真を撮るのが好きだったこともあっ

          アウトカム志向の開発グループへ! PIXTA開発リーダーが描くビジョンとは

          timesの何気ない発言から始まった~AI時代の新検索支援「PIXTA検索アシスタント」誕生背景〜

          リモートワークだとイノベーティブなことは起きなさそう… スピーティーな意思決定や開発ができるのは創業間もないスタートアップぐらいだよね。そんな思い込みはありませんか? ピクスタでは、たったひとりの「独り言」から翌週には海外出張が決まって、その翌週には海外に飛んで機能開発してきた、なんて事が起きています。今回はプロダクト企画部の河添※2の何気ないtimes※1の発言が発端となり、OpenAI APIと連携したユーザーの求めるイメージの具体化を支援する「PIXTA検索アシスタン

          timesの何気ない発言から始まった~AI時代の新検索支援「PIXTA検索アシスタント」誕生背景〜

          2024年は学びの年に!ピクスタ社員に聞いたおすすめのスキルアップ方法とは?

           2024年がスタートして早1ヶ月。年初めには、「今年はこんなスキルアップがしたい!」「こんなことを学ぼう!」と、セルフバージョンアップを誓って目標を掲げた方も多いのではないでしょうか。  進捗はいかがでしょう? 順調に進んでいますか?  目標設定をしたものの、もしかしたら、まだ行動に移せていないという方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな読者の皆さんに、ピクスタメンバーのおすすめスキルアップ方法を大公開!  ピクスタには理念・ビジョンの達成のためのWAY(行動指針)

          2024年は学びの年に!ピクスタ社員に聞いたおすすめのスキルアップ方法とは?

          「事業課題を解決するエンジニア集団」を目指すCTOの思いとキャリア

           2007年8月、当時まだ10名程度の組織だったピクスタ株式会社に、エンジニアとして入社した、小張亮。現在はベトナムに住み、ピクスタ株式会社のCTOとPIXA VIETNAMの代表を兼任しています。今回はそんな小張に入社までの経緯やキャリア、ピクスタの開発組織の展望について話を聞きました。 ■一度は断った入社、二度目の誘いでピクスタに入った理由──ピクスタとの出会いを教えてください。  学生時代、インターンをしていた会社で古俣さん(代表取締役)と出会ったのがきっかけです。

          「事業課題を解決するエンジニア集団」を目指すCTOの思いとキャリア

          4年ぶりのリアル開催! 「PIXTA MEETUP」+納会イベントをレポートします

           新型コロナウイルスが、猛威をふるったここ数年。会社の勤務体制もリモートへ移行するなど、仕事や生活が大きく変化しました。ピクスタでは、コロナ収束後もリモートワークを継続しています。メンバー同士がリアルで会う機会は、コロナ前と比べてぐんと減っています。  でも、今年は昨年までと違うことがありました! なんと、4年ぶりに、メンバーがリアルで大集合するオフラインイベントを開催したんです。  今回は、そのオフラインイベント「PIXTA MEETUP」と納会の様子をレポートします!

          4年ぶりのリアル開催! 「PIXTA MEETUP」+納会イベントをレポートします

          大分県からフルリモート!ピクスタのエンジニアに1日密着!

           開発部の阿部さんに1日の過ごし方のインタビューをいたしました! 1日のタイムスケジュール以外にも阿部さんのご経歴や今後の挑戦、何故ピクスタに転職したか等もお伺いしましたので是非ご覧ください! ■入社した背景とピクスタについて──阿部さんのご経歴について、ざっくり教えていただけますか?  小さいころから勉強が好きで、将来は自分が勉強したことを活かしたいと考えていました。まだ仕事の種類もそんなに知らない小中学生のうちに数学の先生になろうと思って、大学では数学科に入り、地元で

          大分県からフルリモート!ピクスタのエンジニアに1日密着!

          PIXTAが機械学習?アノテーション?を徹底解説!

          「機械学習用画像・動画データ提供」の専用noteはじめました。「ピクスタの◯◯です」と企業の方々と名刺交換すると、ありがたいことに「ああ、写真の! うちでも使ってます〜」と、多々言ってもらえて嬉しい限りです。  Webサイトや広告や資料に挿入するイメージカットに使っていただくことも多いので、デザイナーさんはもちろん、マーケターさんや営業さん、広報さんなどを中心に、おかげさまで「写真の会社」「画像素材の会社」として認識されております。(ご利用ありがとうございます!)  その

          20代若手社員に聞いた! 最近学びになったおすすめ本3選

           昨今、スキルアップのための「学び直し」や、新たな分野や職務にて新しいスキルを習得する「リスキリング」が注目されています。中堅層の社員だけでなく、20〜30代の若手社員でも関心が高まっているのだとか。特に、20代後半は、今の仕事にやりがいを感じつつも、仕事をする目的やモチベーションについて、今一度考え直したいと感じている人も多いのではないでしょうか?  スキルを磨いたり、自分と向き合い仕事の価値について考えたりするための手段はいくつもありますが、一番手軽に実践できるのは「本

          20代若手社員に聞いた! 最近学びになったおすすめ本3選

          『fotowa公式note』はじめました!

           ピクスタが2016年に家族・子ども向け出張撮影サービス「fotowa」を開始してもうすぐ8年。  2023年現在に至るまでの累計撮影件数は10万件を突破し、3年連続業界No.1(※)の撮影件数を誇っています。  そんなfotowaが、今後も多くのご家族に、そのご家族らしい撮影体験を届けるためには、自分たちの言葉で、fotowaの想いやご家族それぞれの物語をお伝えする場が必要だと考え、メディアプラットフォームのnoteで『fotowa公式note』を開設しました。  今回