ピクスタ+(プラス)| ピクスタの見えないトコまで知るメディア(ピクスタ株式会社公式企業ブログ)

ピクスタ株式会社の公式ブログです。「ピクスタのみえないトコまで知るメディア」をコンセプトに、ピクスタ株式会社の思想や社員インタビュー、ユーザーの物語などを紹介していきます。

【社員インタビュー】男性の育休って? 2ヶ月の育休をとった開発リーダーの話

f:id:pixtablog:20201110114446j:plain

時長 秀茂(Shumo Tokinaga)

プラットフォーム本部 開発部 PIXTA開発グループリーダー

新卒でソフトウェア開発会社に入社。3年間制御系ソフトウェアの開発に従事した後、2017年8月にピクスタに入社。「PIXTA」の開発を通じて技術力を磨き、2018年5月にアプリケーションチームのリーダーに就任。2020年1月から開発グループリーダーとして複数のチームのマネジメントや採用に関わっている。

 ピクスタで、育休を取得する男性として二人目となった時長(一人目の記事はこちら)。2020年6月から8月にかけて2ヶ月の育休をとりました。PIXTA開発グループリーダーという立場で育休をとる際に考えたこと、実際の感想を詳しく聞きました。

続きを読む

リモートワークになって組織の状態はどう変わったか

f:id:pixtablog:20201030170037p:plain

 リモートワークで懸念されることのひとつに、コミュニケーション不足やモチベーション管理、帰属意識などの一体感や求心力など「気持ち」の部分があります。

 もちろん他にもセキュリティや労務管理、評価など悩ましい問題もありますが、今回はピクスタが7月に実施した組織の健康診断――通称「ピク充アンケート(ピクスタライフ充実度調査アンケート)」の結果を元に、「組織の健康状態」をレポート。

 在宅勤務になって組織の状態がどう変わったのかをみていきます。

続きを読む

リモートワーク中の社内コミュニケーション「ピクスタラジオ」第2弾

f:id:pixtablog:20201023135620p:plain

 7月にはじまったピクスタ社内コミュニケーション企画第1弾「ピクスタラジオ」。その第2回目の放送が9月下旬に配信されました。

 もともとは四半期に一度、社内コミュニケーションスペース・通称「3号カフェ」で開かれていた「納会」。普段は話さない他部署のメンバーとも和気あいあい語り合いながら、ケータリングを楽しみ、ゲーム大会に興じてきましたが、今や昔。新型コロナウイルスの蔓延と共に、半ば強制的にリモートワークへと移行し、新しい働き方が定着した今、模索するのは新しい社内コミュニケーションの形です。

 そこで始まったのがこの「ピクスタラジオ」です。

続きを読む

【社員インタビュー】20年いたゲーム業界からWeb業界へ。クリエイター支援に未来を見るエンジニア

f:id:pixtablog:20201008180146j:plain

大村 直人(Naoto Omura)

ピクスタ株式会社 プラットフォーム推進本部 開発部 fotowa開発チーム テックリード

高校卒業後、1991年にゲーム会社に入社。ゲーム関連会社を5社経験したのち、Webサービス業界に転職。2016年12月にピクスタに入社し、PIXTAのシステム改修に従事。2017年6月からfotowaの開発に携わり、現在はテックリードとしてチームを牽引する。2020年2Qにコマタ☆アワード「縁の下の力持ち賞 特別賞」受賞。

 エンジニアとして長いキャリアを歩むうえでは、どこで・何を目指して・どんなサービスの開発に携わるかは大きな分岐点になることでしょう。ピクスタで働くことが、個人のキャリアにとっても大きな意味を持ってほしいものです。

 今回は、fotowaでテックリードとして活躍する大村にこれまでのキャリアの変遷と、今後目指していく姿を聞きました!

続きを読む

「そこそこの会社」で終わらせないために 『ビジョナリー・カンパニー 2 飛躍の法則』

f:id:pixtablog:20200929161701j:plain

 優れたアウトプットの下地になるのは豊富なインプット。ピクスタ株式会社 執行役員 兼 PIXTA VIETNAM Co.,LTD. 代表である小張が、数年ごとに読み返しているという『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』をご紹介します。

続きを読む

「どうして分かってくれないの?」と嘆くアナタへのラブレター『愛するということ』

f:id:pixtablog:20200918123757j:plain
 ピクスタのブレーンである経営陣やリーダーたちが影響を受けた本を紹介するコーナー。何を学び、何を得て現在に至るのか。

 出会った本は、その人の思考の一端を垣間見ることができます。

 今回、紹介するのは、執行役員 PIXTA事業本部長の伊藤よりこの一冊です。

続きを読む