見出し画像

【#AprilDream】ピクスタの『夢』の話

 今日は、エイプリルフールですね。

 普段なら、ジョークニュースで面白ネタでもひとつ……といったところですが 今年のエイプリルフールは、大真面目にピクスタの「夢」を語ってみようと思います。

 ピクスタが目指している世界のお話。 エイプリルフールだけど、嘘にはしたくない、いつか叶えたい夢のお話です。

※ピクスタは、#April Dream「 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています

全人類77億総クリエイター社会をつくりたい!

 ピクスタの夢、それは「全人類77億総クリエイター社会」を実現させることです。

 スマートフォンを筆頭に、あらゆるデバイスやデジタルツールの進化により、人々は誰もがより簡単に、高品質なクリエイティブ作品を生み出せるようになりました。

 ピクスタの理念は「才能をつなぎ、世界をポジティブにする」です。 そして「世界中の才能をつなげるクリエイティブプラットフォームを創造していくこと」を目指しています。

 ピクスタの夢は、まさにこのビジョンの実現。

 写真家、イラストレーター、漫画家、画家、映像作家、造形作家、脚本家、小説家、演出家、モデル、俳優、スタイリスト……etc、あらゆるクリエイティブ分野の「好き」「得意」という才能を持った人々が集い、個々の作品販売や、受発注はもちろん、才能をかけあわせてひとつの作品――たとえば、絵本、広告、映画などを、ものによってはワンクリックで、大作ならプロジェクトを組んで生み出すことができるような世界をつくりたい。

 絵も文章も、写真も苦手で何も生み出せないという人も、ここでは「アイデア」という才能を活かせるのです。

様々なクリエイティブな才能をつなぎ、世界をもっとポジティブにしたい!

 誰もが自分の「好きなこと」「得意なこと」を発揮することで、経済を循環させられる素敵な世界をつくれたら、仕事と趣味の境界がどんどんなくなって「仕事」そのものが「生きがい」になりますよね。

 同時に、誰もが簡単に新たなクリエイティブを創造できるようになったら、諦めていた頭の中の作品を、世に放つことだってできるようになります。

そんな夢を実現させたいから、今、ピクスタがしていること

 全人類が、そんな風に才能をつなぎあえる世界を夢見て、ピクスタでは現在、誰もが自分の写真・イラスト・動画作品をデジタル素材として売買できる「PIXTA」、誰もが気軽にプロのフォトグラファーに撮影を依頼できる家族・子ども向け出張撮影プラットフォーム「fotowa」を運営しています。

◉PIXTA

◉fotowa

 まだまだ、一定の分野だけですが、この分野では、誰もが「好き」「得意」を活かし、誰もがその才能を享受できる世界を築きつつあります。

 今後も、ピクスタでは様々なクリエイティブな才能を、あらゆる方法でつなぎ、活かしながら、現在の分野だけに留まらないサービスや機能の拡充、新たなクリエイティブ・プラットフォームを創造していけるよう、努めてまいります。

#April Dream「 4 月 1 日は、夢の日。」
2020年4月1日 ピクスタ株式会社ピクスタ+編集部一同

▼ピクスタが運営する家族・子ども向け出張撮影「fotowa」の#AprilDreamもぜひ、ご一読ください♪
【#AprilDream】fotowaの夢をお話します | FUNmily by fotowa


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!