ピクスタ+(プラス)| ピクスタの見えないトコまで知るメディア(ピクスタ株式会社公式企業ブログ)

ピクスタ株式会社の公式ブログです。「ピクスタのみえないトコまで知るメディア」をコンセプトに、ピクスタ株式会社の思想や社員インタビュー、ユーザーの物語などを紹介していきます。

【ベトナム】あなたは夏の社員旅行にいきたいですか?!

f:id:pixtablog:20180703180613j:plain みなさん、はじめまして!

 ピクスタベトナムのITコミュニケーターのハンと申します。ベトナムと日本のコミュニケーションがスムーズになるように毎日一生懸命に頑張っています!

 本日はみなさんにピクスタベトナム夏の一大イベントをご紹介いたします!

夏がピクスタベトナムに来ました!

 ベトナムは日本と同じように春、夏、秋、冬の四季がありますが、季節の期間だけがちょっと違います! 5月頃は既にベトナムの夏です。

 では、この暑くて、眠たくなりやすい夏にピクスタベトナムのメンバーにとって一番期待されるのは何だと思いますか?

 答えは:社員旅行です!!! f:id:pixtablog:20180703180755j:plain 社員旅行はピクスタベトナムだけではなく、ベトナムの企業にとって重要視されている活動です。

 なぜかというと、下記の理由からです!

 1つ目の理由は、社員旅行の旅費は全額会社が出して、会社からみんなが1年間一生懸命に頑張ったことへの感謝の気持ちを表すための有意義な機会だからです。そして、このイベントを通して、みんながゆっくり休んで気持ちを切り替えて、この暑い夏をはじめ、次の1年間も頑張ってくれることを願っています。

 次に、会社では色々な部署があり、それぞれが異なる役割を果たすので、日常業務で直接関わり合う機会がない部署もあります。社員旅行では、会社のいろいろな部署のメンバーに近づくチャンスをもたらし、それによって職場でより仲良く、仕事上のコミュニケーションももっとスムーズになります。他のチームメンバーの性格、各人の強みと弱みを見分けて補い合い、互いに協力してよりよく働くことができるようになるでしょう。

 最後に、社員旅行は会社とメンバーの団結、相互信頼、会社と個人、共同の成功への方向性を認識できるきっかけの場となります。

 社員旅行はベトナム企業の職場文化でとても大切な活動だと言えます。

ピクスタベトナムの社員旅行

 今年の5月初旬にピクスタベトナムのみんなが待ちに待った社員旅行がやって来ました。みんなの投票で決まった旅行先は 世界的に有名な観光地、ハロン湾に浮かぶ最も大きな島、カットバ島(Cat Ba Island)です!!!

 海の自然も山の自然もたくさんあるこの島では、遊覧クルーズ以外にも様々な魅力があります。のんびりするにも、活発に動き回るにも最適な島なので、全メンバーに選ばれた場所だと思います。

f:id:pixtablog:20180703180954j:plain
f:id:pixtablog:20180703181001j:plain
f:id:pixtablog:20180703181014j:plain
f:id:pixtablog:20180703181021j:plain

 私にとって社員旅行の中で、一番楽しかったのはチームビルディング活動です。

 今回の社員旅行を計画・準備したバックオフィスチームのTrang(チャン)は、「会社ではみんなそれぞれの部署で、異なる役割を果たしています。異なる部署のメンバーは、一緒に仕事をする機会が少ないので、チームビルディングを通して、みんなが繋がれて、メンバーそれぞれがお互いをより良く理解する機会を与えられるといいなと願っています。」と話していました。

f:id:pixtablog:20180703181216j:plain
f:id:pixtablog:20180703181228j:plain
f:id:pixtablog:20180703181241j:plain
f:id:pixtablog:20180703181250j:plain

 次に私が印象的だった活動はGala Dinner(ガラディナー)です!

 Gala Dinnerとは、特別な日に供される特別なディナーのことで、東南アジアの国を中心に広まっている言葉です。

 ピクスタベトナムのGala Dinnerは2パートに分けて行われました。

 パート1は、ピクスタベトナムのメンバーで アイスブレイクゲーム (緊張感を解いて場の雰囲気を和ませるためのゲーム)を行った後で、PIXTA New Business Idea Buildersを行いました。「PIXTA」「fotowa」の未来についてシステムなどがどうすれば、更に発展できるか、チーム分けで考えて他のチームに向けて発表しました。これは、去年日本で開催された「PIXTA CAMP 2017」にて行われた話し合いのテーマと同様のものです。

plus.pixta.co.jp

f:id:pixtablog:20180703181456j:plain
f:id:pixtablog:20180703181508j:plain

 ここで様々な良いアイデアができました!

 PIXTA CAMPにも参加していたUser Support/PRの脇山は、「日本で行った際に出たアイディアとは全く違うアイディアが聞けたのが興味深かったです。ベトナムメンバーが日本のメンバーとアイディアを話し合う機会がもっと増えれば、日本人にはない発想が出てきて新たな視点が生まれそうだなと感じました。」と言っていました。

 この話し合いは、とても盛り上がり時間が足りなくなってしまったので、後日オフィスにて発表会の続きが行われました。その際に、自ら率先してスライドを作成してきたメンバーもいました。これからももっとメンバーが、アイディアを発信できる場ができると良いなと思います。

 パート2では、メンバーの家族も参加して楽しいディナーが行われました。よさこいチームのよさこい踊り、日本語クラスによる「手紙」の合唱、日本人チームのダンスなど、みんなで準備したさまざまなパフォーマンスがパーティーの雰囲気を盛り上げて、すごく楽しいものになりました。

f:id:pixtablog:20180703181641j:plain
f:id:pixtablog:20180703181652j:plain
f:id:pixtablog:20180703181704j:plain
f:id:pixtablog:20180703181718j:plain

参加メンバーから社員旅行についてのコメント

  • 快適なスケジュールで、遊びながら、リラックスもできるし、楽しかったです!!!
  • 会社のメンバーが互いに近づいて、良かったです!
  • 誰もが肯定的であり、エネルギーがいっぱいです。 みんなで良い思い出がたくさんできました!
  • 自分にとって家族と一緒に社員旅行に参加できるのは一番良いことです。家内に毎日親切で、熱心な人たちと働いていますよと伝えたかったので、今回それができました!
  • 仕事上であまり関りがなかった同僚と話ができるようになり、すごく嬉しいです。
  • 人生初めてのチームビルディングですが、今回のおかげで、運動に自信を持て、これからもみんなとのやり取りもスムーズになれると思います。

User Support/PR 脇山のコメント

 今回の社員旅行を通して、変わったな、良かったなと感じたことが3つあります。

 1つ目は、今まであまり話しているところを見たことが無かった他部署のメンバーが率先して交流しているところを見るようになったことです。直接メンバーから「今まで思っていた印象と話すようになってからの印象が変わった!」という意見を聞いたりもします。

 2つ目は、Gala Dinnerでの話し合いです。先にも少し触れましたが、メンバーそれぞれにPIXTAに対するさまざまな想いを持っていることを知ることができ、今はまだ、なかなか日本側にベトナムメンバーの意見を発表できる場所はありませんが、今後彼らの内に秘めた想いがPIXTAの発展に繋がるのではと考え、もっと意見が言い合える環境の構築を行っていきたいなと考えるようになりました。

 3つ目は、今回の社員旅行でメンバーの家族も招待したことです。日本の社員旅行では、家族が一緒に参加するということはあまり無いことだと思いますが、ベトナムの場合家族を招待して、家族に同僚を紹介するということは、とても自然なことのようです。

 日本人である私にとって、同僚の家族が社員旅行に参加しているという状況は、初めての経験だったのですが、オフィスで見るのとは違う表情や、家族に対しての接し方を間近で知ることができる良い機会となりました。ベトナム人にとって一番大切な「家族」のためにみんな一生懸命に働いているのだということを改めて知る良い機会になりました。

f:id:pixtablog:20180703181922j:plain いかがでしたか? ピクスタベトナムのみんなに「あなたは来年の夏も社員旅行にいきたいですか?!」と聞いてみたところ、全員の答えは「100%: Yes!!!」でした。

 読者の皆さんは、いかがでしょうか?

(執筆:PIXTA VIETNAM DEVチーム (日本語コミュニケーター) Lưu Thị Ngọc Hằng | 構成:User Support/PR 脇山春香 | 写真:Review team:Hoàng Lê, Phạm Lan/ Developer team:Trần Văn Huy)